宜野湾港マリーナ・緑地公園周辺での遊泳禁止について指導徹底を

 みだしの件について、宜野湾港マリーナ港長より、指導の徹底を求める要望書があります。
 「宜野湾港マリーナ・隣接する緑地公園周辺で泳ぐ子供たちが多く、その都度注意を行っておりますが減る傾向にありません。マリーナ内ではハブクラゲも発生しており遊泳には非常に危険です。」
 
 また、先日26日の報道にもありましたように、
 7月25日午後1時頃、宜野湾港マリーナをつなぐ橋で小学6年の男の子が海に落としたサンダルを拾おうと橋から飛び込みおぼれ、さらに友人で5年生の男児児童が男の子を助けようと海に飛び込み2人がおぼれた事故です。
 幸いにも友人によって救助され命に別状はありませんでしたが、一つ間違えば複数の尊い命が犠牲になるところでした。 

 学校においては、さっそく全学年全学級で安全指導を行ったところです。
 各ご家庭におかれましても、河川・海浜での釣りや水遊び・海水浴等は、決して子ども達だけで行かせることのないようご指導よろしくお願いいたします。

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図